年金崩壊

年金がヤバイらしい

って、前からわかってたし。

我が家の近所に厚生年金のプールがあったのですが、年金資金使い込み問題が発生したあと取り壊しになりました。

年金制度のめちゃくちゃさを象徴する出来事でした。

年金原資が潤沢にあった時に湯水のようにジャブジャブ使って、無くなったらハイリスクハイリターンの投資に突っ込んで蒸発させ、とうとう、覚悟してくださいってことになった。

政府は相変わらずアメリカの戦闘機を気前よくお買い上げ。

庶民の年金を何とかしようなんて気は全くない政府。

年金支給までの5年をどう過ごすか?

60歳支給開始だったのが、順次繰り下げられて、私は昭和43年生まれ、夫は昭和37年生まれで、二人ともちょうど年金受給年齢が65歳に繰り下げられます。

夫の定年は65歳。それまでの5年どうするか?

以前は定年したら働きたくないと言っていた夫、最近は、諦めたのか、再雇用されると言っています。

再雇用されると、それまでと全く同じ仕事をしても、給料はおよそ3分の2になるそうです。

我が家の備え

お恥ずかしいことに、子供3人を育て上げるだけで精一杯で、貯蓄なんてものはありません。まだ学生が1人居ますので、口座がマイナスになることもしょっちゅうです。

借金は家のローン。退職金を少し投入すれば、完済する予定です。

いちおう60歳開始の個人年金に加入していますが、年間100万にも満たない額なので、ないよりはマシってところでしょうか?

毎日の生活を切り詰めて心豊かに過ごす

最近心がけてるのは、モヤシのヒゲ根取り。

庶民の味方、モヤシを食べることか増えるだろうと、超高速でヒゲ根をとる練習をしています。

黙々とヒゲ根をとるひと時が、贅沢をしないで、ちょっとでも貯金をしようという戒めの時間となっております。

イザとなったら子供だのみ

我々夫婦の最後の頼みの綱は子供たちです。

長女は看護師。

長男は医療系専門職につく予定。

次男は民間企業の研究所の技術者。

3人とも今後数十年は食べていけそうです。

教育費をかけたかいがあったってものです。

恥ずかしながら、夫婦2人食い詰めたら、月3万円ちょうだいねと今からお願いしてあります。3人で9万円。それに夫婦2人の年金を足したら、なんとか健康で文化的な生活が出来るでしょうか?

幸い、夫婦2人、好きなことといえばスーパー巡り。旅行も日帰りで道の駅に行くくらいだし。

ささやかにつつましく生きてゆけば何とかなるかなぁ。

保険制度が崩壊したらどうなるか分からないけど、今のところ高額医療費制度とかもあるし、慢性的に医療費がかかる病気にかからないことを今から心がけようと思います。

お葬式を出してもらう時に迷惑がかからない額は手元に置いて置くとして、あとは適度に日々を楽しみつつ、その日暮らしをしてゆこうと思います。

 

クリックいただけますと嬉しいです
プロフィール
この記事を書いた人
minoru

夫、娘、息子2人の5人暮らし。猫2匹、セキセイインコ6羽、オカメインコ1羽。
バラとセントポーリアを育てています。
無職(専業主婦ともいう?)

minoruをフォローする
お金のこと
スポンサーリンク
minoruをフォローする
スマイルセレクション