【オーブントースター】焼き芋 紅はるか 最高!

焼き芋ウマー

焼き芋にハマって、毎日食べています。

ホクホク系よりしっとり系が好きです。

そのまま食べても、まるで芋ようかんのようなしっとり感と滑らかさ。

温かいうちにバターをのせると、まるでお菓子のスイートポテト。

冷たいのを皮ごと食べるのがお気に入りです。

なじみのスーパーで、焼き芋を買うと1本200円。

野菜売り場での小さめのが袋に3つ入って198円。

焼き芋、家で作ることにしました。

オーブントースターで焼き芋が作れます

めっちゃ簡単です。

よく洗った芋をそのままオーブントースターで焼くだけ。アルミホイルで包んだりはしません。

私は皮ごと食べちゃうので、よく洗います。

180度で15分。

ひっくり返して15分。

もう一度ひっくり返して200度で15分。

蜜が滲んでくるまでしっかり焼く

コツは、蜜が滲み出てくるまでしっかり焼くこと。

温度や時間は、芋の状態やオーブントースターにもよるので、ご自分の環境にあわせて調整してください。

蜜が流れているのがわかりますか?

こうなるまでしっかり焼きます。

皮をしっかり焼く

最後、温度を上げて、皮をパリッとなるまでしっかり焼きます。こうすると香ばしくなって、芋臭さがなくなります

しっとりアツアツ。

お店と遜色ない焼き芋が出来ました!

焼き芋は冷凍できます

多めに焼いて、すぐに食べない分はラップに包んで冷凍します。

食べる半日くらい前に冷蔵に移して自然解凍しています。

冷たい焼き芋は太らない?

冷たい焼き芋にはレジスタントスターチなるものがたくさん含まれていて、太らない。

さらに、腸内環境を良くするらしいです。

冷たい焼き芋を、連日食べてますが、太らないどころか、体重減ってるんですよね。

芋食べると満足感があるので、余計なお菓子とか食べないってのもあるかもしれません。

品種は紅はるかがオススメ

ホクホク系はよくわからないのですが、しっとり系の焼き芋を作りたいなら、紅はるかがオススメです。

甘くてしっとりしてて、繊維質がほとんどないので、芋ようかんですか?って滑らかさなのです。

安納芋もしっとりしているのですが、紅はるかに比べると繊維感があります。

レッツエンジョイ焼き芋!